にっぽん音吉トライアスロンに行ってきました  後藤 久美子 2000年8月 


8月20日、愛知県で行われた、にっぽん音吉トライアスロンに出場してきました。シーダーズからは、大石

さん、木岐さん、私の3人がエントリーしました。天気もレース日和りで、海も荒れていません。昨年の海は、

大荒れで、”泣きのスイム”だったので、私はほっとしました。 スタートは400人近くが一斉に泳ぎだし

ます。集団の中から抜け出る力のない私は、まんまとバトルの中です。何度も上に乗られ、海水を飲み、

バトルから逃げたと思えば、ブイが遠くにあるし、ブイをめがけて泳げばブイに顔面を当てて痛いし・・・・・・・。

トホホなスイムでした。やっぱり海を泳ぐのは難しい!次はバイクです。3周回するコースで、途中、

少しアップダウンもあります。風が強く、私はたぶん、恐ろしい顔でバイクをこいでいただろうと思います。

しかし、顔がどうだなんて、考えている余裕はありませんでした。とにかく前を追おう、前との差を縮め

なくちゃ、いっぱいまでこがなくちゃ、そう思ってひたすら走りました。バイクを終了し、ランです。

お盆休みに浜当目でランをやった時、調子良く走れていたので、ランでいけるかも、と思っていたのに、

足が重く、うまく動かない。バイクで足を使い切ったようでした。しかし、ここで諦めるわけにはいかない。

前、前、前と思い走りました。後半、女子の2番の人の背中が見えてきた時には、よし、やった、

まだ残りはあるし、ここで抜かなきゃ私じゃない!と気合いが入りました。そして、すいっと抜かし(?)

ゴール。やったぁ、音吉で2番を取った。イエ〜イしかし、ゴール後の私は、いつになくヘトヘトで、

立っているのも辛いくらいでした。蒲郡は、全然良いレースができなかったけれど、今回は、力を出し

切って、良いレースができたので、満足でした。 音吉は、レース後がまた楽しく、マッサージの

サービスやら、温泉のサービスやら、アワードバンケットやら色々なお楽しみがあります。

アワードバンケットで出るカレー、ビールのおいしいこと。さらに高校生の太鼓のすばらしいこと!

すごくいい顔をしてたたいていて、感動します。参加賞のえびせんべいも、かなりいけます。

音吉トライアスロン、楽しい大会でした。来年は皆さんも参加してみてはいかがですか?

トライアスロン