朝比奈大龍勢
龍勢は高さ10m以上の竹の先端に、火薬などを

詰めた「吹き筒」、曲物を仕込んだ「ガ」と呼ばれる

ものを取り付けます。地区・町内会13組の「龍勢連」

が制作し、打ち上げの高さや、華やかさを競います。

地域の特徴などを織り込んだ短歌を、伸びやかな

節回しで歌う口上で龍勢を紹介したあといよいよ点火。

龍勢は白煙を吹きながら、上空約300mまで上昇、

頂点付近で先端が割れて、3、4個の曲物が色とりどり

の煙を吐きながら、舞い落ちてきます。竹をつけた

本体は、畳8帖ほどのパラシュートでユラユラと落下

します。これを龍に見立てているようです

クリックすると大きな画像になります

もも